• あらチャン! 50 週末アートトリップ

    こんにちは。マネージャーの新屋です。
    9月ですね。夏休みも終わってしまいましたね。
    でも秋には連休がいっぱいあります!
    ので、ちょっと頑張れば東京から日帰りも可能なおでかけスポットをご紹介したいと思います。

    今日ご紹介するのは 佐久島 です。
    さくしま と読みますよ。

    どこにあるかといいますと

    愛知県は三河湾のほぼ真ん中あたりに位置しています。

    こんな形の島。ディズニーランド3.5個分くらいの広さだそうです。

    旅のお目当ては“アートピクニック”
    過疎や高齢化に直面していた佐久島は1996年から地域活性化を目指しアートによる島おこしに取り組んでいて、島内各所に常設展示されている現代アート作品巡りを楽しむことが出来るのです。テレビや雑誌で紹介されることも多いので、作品見ると「ああ知ってる!」ってかたもいらっしゃるかと思います。

    島までの道のりはこんな感じ。わたくしピッカピカのペーパードライバーなので、レンタカー借りて移動するという選択肢が無くてですね、蛭子さんか田川さんかというレベルで公共交通機関を駆使してがんばります。

    00:05 バスタ新宿 →→(夜行バス)→→ 06:20 名古屋駅前
    06:25 名鉄名古屋駅 →→(名鉄名古屋本線)→→ 新安城駅 →→(名鉄西尾線)→→ 07:18 西尾駅(西尾駅前で朝ごはん)
    08:40 西尾駅前 →→(路線バス)→→ 09:08 さかな広場
    09:30 一色港 →→(定期船)→→ 09:55 佐久島東港

    ちなみに新宿→名古屋間の夜行バス、なんと片道2,500円!安っす!最近は日中の便だと飛行機みたく映画見れたりもするそうですよ。すごいなー。

    改めて書いてみると、新宿でバス乗ってから島に着くまで約10時間。なかなかの移動ですね。

    海のそばに来るのも久しぶりでそれだけでもう嬉しい。旅キブン。

    本日の相棒ピンキーさんです。自転車なんて何年ぶり!?(次の日おケツ筋肉痛でした。)島には信号機が一台も無い。スーパーもコンビニも無い。のどかな集落と自然の中をのんびーり進みます。アート巡りスタート。
     
     
    イーストハウス:南川祐輝

    佐久島のお庭:松岡徹

    島にはネコがたくさん。佐久島は岩合光昭氏の初監督映画「ねことじいちゃん」のロケ地だそうです。

    佐久島の秘密基地/アポロ:長岡勉+田中正洋

    堤防を歩いて南の筒島へ渡ると弁財天さまが在りました。

    海神さま:松岡徹

    海神さまの分身が先にも出てきていたの、わかりました?
     
    ねー。

    カモメの駐車場:木村崇人

    佐久島地蔵

    島内のいろんなところで出会えます。6ヶ所くらい。
     
    おひるねハウス:南川祐輝

    おひるねハウスの対岸に、先に紹介したイーストハウスがあります。見えるかな?対照的な黒い箱と白い箱。
     
    クラインガルテンウェルカムスペース:松岡徹

    ここにもいらっしゃる。
     
    北のリボン:TAB

    佐久島歓迎 地福開円満:松岡徹

    アートと顔出し看板のハイブリッド。顔出しやりたかった。。。ひとり旅の無念。
     
     
    全24作品のうち19作品を回りました。結構がんばった!と思うのですがどうでしょう。

    反省点としては、長袖着て行かなかったこと。日焼け対策と、虫対策!島内はどこもほんとに虫パラダイスでした。フナムシが星の数ほどいて、前の道を何か横切ってるなあと思ったら手のひらサイズのトノサマバッタで、カフェの網戸にはカマキリとまってて、常に蜘蛛の巣を払いながら進む。最終的に頭から一匹ぶら下げてたし。
    それから、水曜日は島外作品を展示している佐久島ナビステーションがお休みで見られないので避けたほうがよさそうです。一色港の市場もお休みだし、島のお店もお休みが多かったような。

    最後はやっぱり甘いもので〆。動き回った体に沁みるー。

    帰りは14:57に佐久島西港から船に乗り、来た道を引き返して17時過ぎに名古屋着。ゆっくりおいしい名古屋メシを食べて、新幹線で十分帰って来られる時間です。濃密な一日!

    主要なアート作品は今回で大体回れたので、次は山側を歩いて回るのも良さそうです。古墳がいくつもあったりするんだとか。

    3連休だと1~2泊して名古屋観光と組み合わせるのもいいですね。これからの気候のよい時期におでかけしてみてください~。

  • 夏が来たから。


    梅雨が明けた。


    そうだ 肉を、焼こう。


    パーティーをしよう!


    ビール片手に炭火を育てる。


    おかんは寿司を仕込む。(混ぜるだけ)


    今宵のゲストは...


    湖池屋 スコーンチームのみなさま!
    カンパイ!


    恒例 本日のお肉プレゼン。
    なんかありがたい光差してるね。


    おいしい!(がっつきバーベキュー)


    おいしい!(禁断のシーフード?)


    たのしい!


    たのしい!!(どうした馬場)


    たのしい!!!


    ...たのしそう。(スナック感)


    スコーンのプロジェクトが本格スタートしたのが1年ちょっと前のこと。今年2月にローンチして以降も、限定フレーバーや新商品の作業が次々に動き出し、思えばゆっくりごはんに出掛けたこともなかったねと、“お疲れさま&これからもよろしくお願いしますの会” なのでした。
    ネ社引き続きがんばります!ご参加ありがとうございましたー!

  • あらチャン! 49 キャッツ

    どうもこんにちは。マネージャーの新屋です。
    近頃ずーっとOfficial髭男dismのYouTubeチャンネルをリピート再生しています。
    とても好きです。
     
     
    さて。
    先日 劇団四季のミュージカル「キャッツ」を観て参りました。
    とってもよかったーーーーー!

    ちびっこ時代に観たことがあるはずなのですが、小さ過ぎたのかメモリーの曲しか記憶になくて。。。(そんなだからグリザベラがメモリー歌い出したときは「ええーこの人(猫)が歌うのー!?」ってびっくりした。)
    ずっと観たい観たいと思っていたんですけど、しばらく関東圏の公演なかったのですよね。チケット取ったのが去年の7/21。せっかくならいい席でと欲張ったらなんと1年越しになってしまいました。

    公演が行われているのは大井町にある「キャッツ・シアター」。専用の劇場です。舞台と客席とが一体化されて、もう、一歩足を踏み入れた瞬間からどっぷりキャッツワールド!ぜひ劇場には少し早めに向かって、すみずみまで観察してください。めっちゃキョロキョロしちゃいます。始まる前からワクワクが溢れ過ぎて苦しい(笑)。
     

     
    満月が青白く輝く夜、街の片隅のゴミ捨て場。
    今宵は年に一度の舞踏会。
    24匹の猫たちが語る、それぞれの生き方。

    もちろん全体を貫くストーリーがあるわけですが、個人的には途中から、もうストーリーのことは考えなくてもいいや!と思いながら観ておりました。だってもう、ダンスが、動きが、あまりに美しくて! 四季の他の舞台と比べても、台詞がすごく少ないし、歌わない(曲だけ)で踊るパートもたくさんあって、「あ、これはバレエの舞台を観に来たんだ。」って思ったのですよね。

    わたしは特に、オープニングに登場したタントミール役・杉野 早季さんの美しさに心持ってかれてしまい、終始タントミールを目で追っておりました。頭が小さくて、手足が長くてしなやかで、もー、きれいきれいきれい。。。

    四季の舞台はこれまでに「美女と野獣」「ライオンキング」「リトルマーメイド」「アラジン」と観てきたのですけど、こんなにも踊り・動きに着目して観た演目は初めてかもしれないです。

    ステージも、美術はすっごいけど、装置自体は割とシンプル。だけど観客をワクワクさせる演出がちりばめられてて、終始感情が飽和状態。油断したら泣いちゃいそう。

    しっかしまあ、キャストのみなさんあんなに踊れて、しかも歌もピカイチって。何食べたらあんなふうに出来上がるんでしょうねえ。

    はー、またすぐにでも観に行きたい。観るたびにあたらしい発見がありそうな、そんな舞台です。満たされました。。。
     
    = おまけ =
    劇場内のピクトグラムも🐈

  • あらチャン! 48 広川泰士さん


     
    春はじめのある日。フォトグラファーの広川泰士さんがネアンデルタールにお越しくださいました。

    (写真右から 石井、広川さん、大広・小原AD
     Neandertal CAPを快くかぶってくださるやさしいお二人)
     
    かつて8年くらいの間、表参道に事務所を構えていたという広川さん。撮影の合間に、70年代~80年代半ばの表参道の様子をお話ししてくださいました。
    「セントラルアパートなんて、あなたくらいの年じゃ知らないでしょ?いまのラフォーレの交差点のとこにあってね、真ん中の吹き抜けが気持ちよくて。鋤田さんとか操上さんとかおもしろいクリエイターがいっぱい集まってたの。」
    みなさんぜひ“原宿セントラルアパート”で検索してみてください。もう、ちょっと読んだだけで興味深過ぎる話がざっくざく出てくる!調べ甲斐がありそうです。
     
    そして「いまフォトグラファーになりたいんです!撮りたい衝動が!」という石井は、インタビュアーよろしく広川さんを質問攻め。

    石井 僕は中学生のときに「将来はアートディレクターになろう」って決めたんですけど、広川さんはどうしてフォトグラファーになろうと思ったんですか?

    広川 中学生!?それは早いね!僕は遅かったよ。大学時代、21くらいかな?まわりが学生映画をやってたから、8ミリを回し始めて。

    石井 えっ。動画が先だったんですか!

    広川 映画って言っても、実験映画みたいなものだったけどね。それで暗室作業にハマったんだけど、段々と、一瞬、一枚、って面白いなと思うようになって。それで、写真に。しかも写真は一人で完結するじゃない?(笑) 映画だと、脚本だ演出だ役者だ…って。

    石井 フォトグラファーってどうやったらなれるんでしょうか。僕いまからでもなれますかね?

    広川 なれますよ。僕だって写真の学校とか行ってないし。フォトグラファーと名乗った日からフォトグラファーですよ。石井さんはデザイン出来るから、自分でデザインして写真集作っちゃって、それで写真展開いちゃえばいいですよ!

    石井 ええー!じゃあ、まずは、今度撮ったら見てもらえますか!?

    広川 それはなんだか緊張しちゃうなあ~。

    石井 どっちがですか~!

    ・・・・・

    他にもカメラのことだとか、いろいろお訊きして。楽しいお話をたくさん聞かせてくださった広川さん。
    果たして石井の写真展が開かれる日はやってくるのか!?

    今後を見守るとしまして。
    広川さんも参加される写真展が明日より始まります。
     

    第10回 ゼラチンシルバーセッション「100年後に残したい写真」
    2019年04月26日(金) – 2019年05月06日(月)
    @AXIS Gallery/東京都港区六本木5-17-1 AXISビル4F
    11:00 ~ 19:00 会期中無休
    入場料 300円(学生無料)

    広川さんをはじめ、日頃広告のお仕事でお世話になっているフォトグラファーさんが多数参加されています。Portrait in Handでご一緒している井上佐由紀さんも!

    AXISからちょこっと足を伸ばして、ミッドタウンのFUJIFILM SQUAREで同時開催されている企画展にもぜひお運びください。

    マネージャー新屋でした。

  • 噂のイケメンと抱きスコーン

    洗濯物を外に干せない悲しさ。スギ花粉症のマネージャー新屋です。

    みなさま、あたらしいスコーン!はお試しいただけたでしょうか?
    先日立ち寄ったスーパーでスコーンを買ってゆく男子中学生(推定)に遭遇しました。ありがとう少年。スコーンは君たちハラペコ世代を応援しているよ!バカスコーン食べてね。

    そしてスコーンはただいまこんなキャンペーンを実施しております。

    巨大な抱き枕もとい”抱きスコーン” 若者のスナック離れなんてなんのその。これでもうキミはスコーンから離れられないゾ!

    なんたって等身大ですからね。くっきーさんの等身大ってことは、180cmオーバーですよ。でっか!バカですねー。(褒めてる)
    どっちのバージョンが欲しいですか~?のコメントを拝見していると、ハラペコングことくっきーさんの人気は言わずもがなですけども、翔くん票も全然負けてない!
    「バカスコーンのCMに出てるあのイケメンは一体誰!?」っとSNSのザワつきもすごかったですもんね。



    フォロワー31万人越え!なんちゅうきれいなお顔。もはや人類の神秘。

    抱きスコーンキャンペーンの応募は3月17日まで。まだまだ間に合うです!
     
     
    【あとがき】
    キラキラの表参道交差点に佇むふたり。全国各地でビルボード出てます。上を向いて探そう。