• グラフィックデザイナー募集のお知らせ

    ■応募職種:グラフィックデザイナー
    ■応募資格:経験者優遇
    ■雇用形態:契約社員(正社員登用制度あり)
    ■勤務地:東京都渋谷区神宮前(表参道)
    ■待遇:経験等を考慮の上、当社規定により優遇
    ■休日休暇:週休2日(土日)、祝日、夏期休暇、年末年始休暇
    ■勤務時間:10:00~19:00 ※残業あり。当社規定による。
    ■応募方法:1ヶ月以内に撮影された顔写真付きの履歴書、志望動機、作品をPDFにて下記アドレスまでお送りください。
    ※書類選考通過の方のみ面接のご連絡を差し上げます。
    ※郵送による応募は受け付けておりません。
    ■締め切り:随時募集 ※決定次第終了。当社HPにておしらせします。
    ■応募先:hello@neandertal.jp
    ※お電話でのお問い合わせはご遠慮ください。

  • 私、父になりました。

    デザイナーの大岩です。

    私的なご報告で大変恐縮でございますが、
    私、先日子供を授かりまして、一児の父になりました。


    令和生まれの元気な女の子です。
    名を「稜」といいます。

    里帰り出産のため、
    しばらく妻子は妻の実家にお世話になっているため、
    今は週末に会いに行って
    スヤスヤ眠る顔を見たり、
    ギャンギャン泣く顔を見たり、
    オムツを変えてみたり、
    ミルクをあげてみたり、
    少しずつじわじわと実感と喜びを感じております。

     
    そんなわけで
    妻が臨月に入った5月あたりから今現在も、
    約10年ぶりの一人暮らしをしております。
    恥ずかしながら、
    自分の家の洗濯機の使い方すらまともに知らなかった様な状態でしたので
    今まで自分がいかに妻に頼って生活してきたか
    痛感させられる日々でございます。。。苦笑
    それ以外にも、ゴミの回収日、
    お掃除のポイント、消耗品の保管場所など、
    里帰りする前に妻から一通りのレクチャーを受けました。
    父として家族の帰りを迎い入れる前に
    まずは自分のことは自分でできるおじさんになれと、
    神様が言っているんだと思います笑

    弊社の先輩パパ達をお手本に
    これから僕も父として、デザイナーとして、
    より一層気を引き締めて参りたいと思います。
    みなさまどうぞよろしくお願い致します。

    大岩

  • 夏といえば何ですか?

    おはようございます!
    デザイナーの馬場です。
     
     
    梅雨で湿気がすごく、蒸し暑い日もあれば
    梅雨なの?と思うくらいの快晴。
    と思いきや秋なの?と勘違いするほど涼しい日。

    なかなかじゃじゃ馬な日々が続いていますが、
    いかがお過ごしでしょうか。

     
    突然ですが、 
    みなさんにとって
    夏といえばなんですか?
    もちろんあれあですよね?
     
     
     
    夏休み、おばあちゃんちに行った時
    必ず出されるあれ
     
     
     

    汗をかいた部活終わりに保護者からの
    差し入れのあれ
     
     
     
    川辺のBBQ、
    雰囲気優先で川で冷やすけど
    結局冷蔵庫で冷やされたやつのほうがうまいあれ
     
     
     
    目隠しして、棒で思いっきり
    叩かれるあれ

     
      
    種を取るタイミングで
    派閥ができるあれ

     
     

    カブトムシにあげたら
    寿命が縮むあれ
     
     
     
     
     

     
     
    出た!
    KIRIN Mets 超刺激スイカ
    スイカ過ぎるパッケージで新登場!
     
    これ、思っている以上にスイカです。
    コンビニで買えるスイカ出ました。

    是非、お試しください!!

    馬場

  • クリクラ ダンスCM「みんなで飲もうよ」公開!

    おはようございます!

    デザイナーの馬場です。

    本日より宅配水のクリクラ ダンスCM「みんなで飲もうよ」公開しました!

    百聞は一見にしかず!

    どうぞご覧ください!!

    ん〜〜!たまりませんなぁ〜!!スゲーナスゴイデス!!!

    か、可愛い!しんちゃん。。。歌声も動きも元気一杯!可愛すぎです。。。さすが最強の5歳児。。

    みんなキレッキレ!そして何より楽しそうです。

    最後の飲みカットの平和感。最高ですね。

    なんだか、、少し、、、泣きそうです。

    いや、ナレーション収録の夜は少し泣きました本当に。。

    何を隠そう、私、、幼少の頃からクレヨンしんちゃんの大ファンなのです!!

    ちっちゃい頃から、しんちゃんのTV、映画を見て育ちました。

    小学生ながら地上波で放送される劇場版は自らVHSに録画し、

    何度も何度も親が心配するほど見ています。

    (雲黒斎の野望の冒頭シーンは擦り切れて本当に見れません。。。)

    しんちゃんアニメの最大の魅力は作画です!(他にもいろいろあるんですが!)

    しんちゃんという2頭身のキャラクターを

    「自然に動かす」かつ「アニメでしかできない表現で面白く動かす」技術が

    めちゃくちゃ詰まっています!

    クリクラダンスのこの作画!本当に凄いです。半端じゃない技術です。

    ということで、

    しんちゃんヲタの馬場的にはここがグッとくるポイントをまとめてみました。

    長文、大変失礼いたしました。。。

    つい愛が溢れてしまいました。。。

    クリクラダンス!しっかりお水を飲んで、

    この夏みんなで踊ってみてはいかがでしょうか?

    レッツクリクラダンス!ファイヤ〜!!

    ーーーーーーーーー

    staff

    CD:石井 原(ネアンデルタール)
    Dir:田辺 秀伸
    Ca:村上 ヨシタカ
    Pr:石川 しょう(TYO drive)、新屋 純子(ネアンデルタール)
    PM:倉科 雄介(TYO drive)
    D:大岩 弘茂・馬場 敏典・松野下 亮(ネアンデルタール)
    Li:みやき しんいち
    HM:赤木 悠記
    St:yoppy(juice)
    Cas:堀内 みずき・前原 愛(GOLD CAST)
    Offline:田辺 秀伸
    Music Dir:大熊 昭(APU MEGURO STUDIO)
    Choreographer:SAYA(ELEVENPLAY)
    Animation:齋藤敦・西川由香里(シンエイ動画)
    Voice actor:小林 由美子/ 真柴 摩利(ぷろだくしょんバオバブ)

  • あらチャン! 49 キャッツ

    どうもこんにちは。マネージャーの新屋です。
    近頃ずーっとOfficial髭男dismのYouTubeチャンネルをリピート再生しています。
    とても好きです。
     
     
    さて。
    先日 劇団四季のミュージカル「キャッツ」を観て参りました。
    とってもよかったーーーーー!

    ちびっこ時代に観たことがあるはずなのですが、小さ過ぎたのかメモリーの曲しか記憶になくて。。。(そんなだからグリザベラがメモリー歌い出したときは「ええーこの人(猫)が歌うのー!?」ってびっくりした。)
    ずっと観たい観たいと思っていたんですけど、しばらく関東圏の公演なかったのですよね。チケット取ったのが去年の7/21。せっかくならいい席でと欲張ったらなんと1年越しになってしまいました。

    公演が行われているのは大井町にある「キャッツ・シアター」。専用の劇場です。舞台と客席とが一体化されて、もう、一歩足を踏み入れた瞬間からどっぷりキャッツワールド!ぜひ劇場には少し早めに向かって、すみずみまで観察してください。めっちゃキョロキョロしちゃいます。始まる前からワクワクが溢れ過ぎて苦しい(笑)。
     

     
    満月が青白く輝く夜、街の片隅のゴミ捨て場。
    今宵は年に一度の舞踏会。
    24匹の猫たちが語る、それぞれの生き方。

    もちろん全体を貫くストーリーがあるわけですが、個人的には途中から、もうストーリーのことは考えなくてもいいや!と思いながら観ておりました。だってもう、ダンスが、動きが、あまりに美しくて! 四季の他の舞台と比べても、台詞がすごく少ないし、歌わない(曲だけ)で踊るパートもたくさんあって、「あ、これはバレエの舞台を観に来たんだ。」って思ったのですよね。

    わたしは特に、オープニングに登場したタントミール役・杉野 早季さんの美しさに心持ってかれてしまい、終始タントミールを目で追っておりました。頭が小さくて、手足が長くてしなやかで、もー、きれいきれいきれい。。。

    四季の舞台はこれまでに「美女と野獣」「ライオンキング」「リトルマーメイド」「アラジン」と観てきたのですけど、こんなにも踊り・動きに着目して観た演目は初めてかもしれないです。

    ステージも、美術はすっごいけど、装置自体は割とシンプル。だけど観客をワクワクさせる演出がちりばめられてて、終始感情が飽和状態。油断したら泣いちゃいそう。

    しっかしまあ、キャストのみなさんあんなに踊れて、しかも歌もピカイチって。何食べたらあんなふうに出来上がるんでしょうねえ。

    はー、またすぐにでも観に行きたい。観るたびにあたらしい発見がありそうな、そんな舞台です。満たされました。。。
     
    = おまけ =
    劇場内のピクトグラムも🐈