• グラフィックデザイナー募集のお知らせ

    ■応募職種:グラフィックデザイナー
    ■応募資格:経験者優遇
    ■雇用形態:契約社員(正社員登用制度あり)
    ■勤務地:東京都渋谷区神宮前(表参道)
    ■待遇:経験等を考慮の上、当社規定により優遇
    ■休日休暇:週休2日(土日)、祝日、夏期休暇、年末年始休暇
    ■勤務時間:10:00~19:00 ※残業あり。当社規定による。
    ■応募方法:1ヶ月以内に撮影された顔写真付きの履歴書、志望動機、作品をPDFにて下記アドレスまでお送りください。
    ※書類選考通過の方のみ面接のご連絡を差し上げます。
    ※郵送による応募は受け付けておりません。
    ■締め切り:随時募集 ※決定次第終了。当社HPにておしらせします。
    ■応募先:hello@neandertal.jp
    ※お電話でのお問い合わせはご遠慮ください。

  • シェフ・ハラペコングの自慢の一皿をお楽しみください。

    こんにちは、マネージャーの新屋です。少しずつ秋の気配がしてきましたね。
    秋の夜長は、おいしいものを食べながらゆっくりのんびりお酒を楽しむ。なんて時間が過ごせたらステキですね~。

    そんな気分にぴったりのスコーン新フレーバーが発売です~🌛

    左:ビストロスコーン 牛肉の赤ワイン煮込み
    右:ビストロスコーン 魚介の白ワイン蒸し

    原材料に“ワインパウダー”を使用して、ワインのおつまにみベストマッチなスコーンが出来上がりました!旨みたっぷりのソースにバゲットを浸して食べるの、おいしいですよね~。あの、あの感じです。
    「フレンチレストラン」ではなくて、肩ひじ張らずに気軽に入れる「ビストロ」ってところがスコーンらしいですよね。

    パッケージにはこだわりの料理写真。ひと目でおいしそう!そして背景はワイン色。ぐっと大人顔のスコーンです。(でもちゃんとハラペコングも居るから安心してね🦍)

    Please enjoy the chef-harapekong’s dish. It’s one of “Bistro Sucorn” menu.

  • あらチャン! 50 週末アートトリップ

    こんにちは。マネージャーの新屋です。
    9月ですね。夏休みも終わってしまいましたね。
    でも秋には連休がいっぱいあります!
    ので、ちょっと頑張れば東京から日帰りも可能なおでかけスポットをご紹介したいと思います。

    今日ご紹介するのは 佐久島 です。
    さくしま と読みますよ。

    どこにあるかといいますと

    愛知県は三河湾のほぼ真ん中あたりに位置しています。

    こんな形の島。ディズニーランド3.5個分くらいの広さだそうです。

    旅のお目当ては“アートピクニック”
    過疎や高齢化に直面していた佐久島は1996年から地域活性化を目指しアートによる島おこしに取り組んでいて、島内各所に常設展示されている現代アート作品巡りを楽しむことが出来るのです。テレビや雑誌で紹介されることも多いので、作品見ると「ああ知ってる!」ってかたもいらっしゃるかと思います。

    島までの道のりはこんな感じ。わたくしピッカピカのペーパードライバーなので、レンタカー借りて移動するという選択肢が無くてですね、蛭子さんか田川さんかというレベルで公共交通機関を駆使してがんばります。

    00:05 バスタ新宿 →→(夜行バス)→→ 06:20 名古屋駅前
    06:25 名鉄名古屋駅 →→(名鉄名古屋本線)→→ 新安城駅 →→(名鉄西尾線)→→ 07:18 西尾駅(西尾駅前で朝ごはん)
    08:40 西尾駅前 →→(路線バス)→→ 09:08 さかな広場
    09:30 一色港 →→(定期船)→→ 09:55 佐久島東港

    ちなみに新宿→名古屋間の夜行バス、なんと片道2,500円!安っす!最近は日中の便だと飛行機みたく映画見れたりもするそうですよ。すごいなー。

    改めて書いてみると、新宿でバス乗ってから島に着くまで約10時間。なかなかの移動ですね。

    海のそばに来るのも久しぶりでそれだけでもう嬉しい。旅キブン。

    本日の相棒ピンキーさんです。自転車なんて何年ぶり!?(次の日おケツ筋肉痛でした。)島には信号機が一台も無い。スーパーもコンビニも無い。のどかな集落と自然の中をのんびーり進みます。アート巡りスタート。
     
     
    イーストハウス:南川祐輝

    佐久島のお庭:松岡徹

    島にはネコがたくさん。佐久島は岩合光昭氏の初監督映画「ねことじいちゃん」のロケ地だそうです。

    佐久島の秘密基地/アポロ:長岡勉+田中正洋

    堤防を歩いて南の筒島へ渡ると弁財天さまが在りました。

    海神さま:松岡徹

    海神さまの分身が先にも出てきていたの、わかりました?
     
    ねー。

    カモメの駐車場:木村崇人

    佐久島地蔵

    島内のいろんなところで出会えます。6ヶ所くらい。
     
    おひるねハウス:南川祐輝

    おひるねハウスの対岸に、先に紹介したイーストハウスがあります。見えるかな?対照的な黒い箱と白い箱。
     
    クラインガルテンウェルカムスペース:松岡徹

    ここにもいらっしゃる。
     
    北のリボン:TAB

    佐久島歓迎 地福開円満:松岡徹

    アートと顔出し看板のハイブリッド。顔出しやりたかった。。。ひとり旅の無念。
     
     
    全24作品のうち19作品を回りました。結構がんばった!と思うのですがどうでしょう。

    反省点としては、長袖着て行かなかったこと。日焼け対策と、虫対策!島内はどこもほんとに虫パラダイスでした。フナムシが星の数ほどいて、前の道を何か横切ってるなあと思ったら手のひらサイズのトノサマバッタで、カフェの網戸にはカマキリとまってて、常に蜘蛛の巣を払いながら進む。最終的に頭から一匹ぶら下げてたし。
    それから、水曜日は島外作品を展示している佐久島ナビステーションがお休みで見られないので避けたほうがよさそうです。一色港の市場もお休みだし、島のお店もお休みが多かったような。

    最後はやっぱり甘いもので〆。動き回った体に沁みるー。

    帰りは14:57に佐久島西港から船に乗り、来た道を引き返して17時過ぎに名古屋着。ゆっくりおいしい名古屋メシを食べて、新幹線で十分帰って来られる時間です。濃密な一日!

    主要なアート作品は今回で大体回れたので、次は山側を歩いて回るのも良さそうです。古墳がいくつもあったりするんだとか。

    3連休だと1~2泊して名古屋観光と組み合わせるのもいいですね。これからの気候のよい時期におでかけしてみてください~。

  • 夏季休業のお知らせ

    誠に勝手ながら
    8/10(土)から8/18(日)までの期間を
    夏季休業とさせていただきます。

    ご不便をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い致します。

  • ちょうどえぇ映画ってありますよね。

    おはようございます!

    デザイナーの馬場です。

    梅雨が明けて、バリバリの夏ですね!
    インドアな僕なので、暑い夏は家で映画を観ていたいです。

    ただ、映画は好きなのですが、

    超大作、過去の名作・傑作映画を観るとなると
    観ること自体に、腰が重くなることがありませんか?

    僕はけっこうあります。

    どんな精神状態でも気軽に観れる。
    けれども、凄く愛おしく、観たあと日常が少し楽しくなる映画。

    そんな映画を
    「ちょうどえぇ映画」と僕は呼んでいます。

    最近一番のオススメ「ちょうどえぇ映画」をご紹介します。

    ブリグズビー・ベア(2017)
    監督:デイヴ・マッカリー
    脚本:ケビン・コステロ カイル・ムーニー

    外気から遮断された小さなシェルターで、
    両親と3人で暮らす25歳の青年ジェームス。
    彼が大好きなのは教育番組「ブリグズビー・ベア」

    平和に暮らしていた彼の生活に突然変化が訪れる。。。。

    Youtubeに予告編があります。
    ちょっと調べればあらすじが載っています。

    。。。。が、なるべく観ないことをオススメします。

    観ないほうが楽しめます。
    ※もちろん観ても楽しみます。

    とにかく本編を観ていただきたい、
    プライムビデオ(有料)で観れます。

    後悔はさせません。

    ほんとうに「ちょうどえぇ」です。
    最高に「ちょうどえぇ」です。

    夏休みに超オススメの一本です。

    観た人はきっと思う
    「あのTシャツほしい〜〜」

    是非!

    馬場