• あらチャン! 48 広川泰士さん


     
    春はじめのある日。フォトグラファーの広川泰士さんがネアンデルタールにお越しくださいました。

    (写真右から 石井、広川さん、大広・小原AD
     Neandertal CAPを快くかぶってくださるやさしいお二人)
     
    かつて8年くらいの間、表参道に事務所を構えていたという広川さん。撮影の合間に、70年代~80年代半ばの表参道の様子をお話ししてくださいました。
    「セントラルアパートなんて、あなたくらいの年じゃ知らないでしょ?いまのラフォーレの交差点のとこにあってね、真ん中の吹き抜けが気持ちよくて。鋤田さんとか操上さんとかおもしろいクリエイターがいっぱい集まってたの。」
    みなさんぜひ“原宿セントラルアパート”で検索してみてください。もう、ちょっと読んだだけで興味深過ぎる話がざっくざく出てくる!調べ甲斐がありそうです。
     
    そして「いまフォトグラファーになりたいんです!撮りたい衝動が!」という石井は、インタビュアーよろしく広川さんを質問攻め。

    石井 僕は中学生のときに「将来はアートディレクターになろう」って決めたんですけど、広川さんはどうしてフォトグラファーになろうと思ったんですか?

    広川 中学生!?それは早いね!僕は遅かったよ。大学時代、21くらいかな?まわりが学生映画をやってたから、8ミリを回し始めて。

    石井 えっ。動画が先だったんですか!

    広川 映画って言っても、実験映画みたいなものだったけどね。それで暗室作業にハマったんだけど、段々と、一瞬、一枚、って面白いなと思うようになって。それで、写真に。しかも写真は一人で完結するじゃない?(笑) 映画だと、脚本だ演出だ役者だ…って。

    石井 フォトグラファーってどうやったらなれるんでしょうか。僕いまからでもなれますかね?

    広川 なれますよ。僕だって写真の学校とか行ってないし。フォトグラファーと名乗った日からフォトグラファーですよ。石井さんはデザイン出来るから、自分でデザインして写真集作っちゃって、それで写真展開いちゃえばいいですよ!

    石井 ええー!じゃあ、まずは、今度撮ったら見てもらえますか!?

    広川 それはなんだか緊張しちゃうなあ~。

    石井 どっちがですか~!

    ・・・・・

    他にもカメラのことだとか、いろいろお訊きして。楽しいお話をたくさん聞かせてくださった広川さん。
    果たして石井の写真展が開かれる日はやってくるのか!?

    今後を見守るとしまして。
    広川さんも参加される写真展が明日より始まります。
     

    第10回 ゼラチンシルバーセッション「100年後に残したい写真」
    2019年04月26日(金) – 2019年05月06日(月)
    @AXIS Gallery/東京都港区六本木5-17-1 AXISビル4F
    11:00 ~ 19:00 会期中無休
    入場料 300円(学生無料)

    広川さんをはじめ、日頃広告のお仕事でお世話になっているフォトグラファーさんが多数参加されています。Portrait in Handでご一緒している井上佐由紀さんも!

    AXISからちょこっと足を伸ばして、ミッドタウンのFUJIFILM SQUAREで同時開催されている企画展にもぜひお運びください。

    マネージャー新屋でした。

  • 本日のスペシャルゲスト

    デザイナーの大岩です。

    寒いですね〜。
    雨も降ってなんだか急に冬に戻った感じがした今日、
    Neandertalに心がほっこりする、なんとも可愛いらしいお客さんがいらっしゃいました。

    どーん

    ピッチピチでホッヤホヤの0さい、花ちゃんです!

    一体どちらのお嬢さん?

    実は僕の。。嘘です。すみません。

    馬場の。。でもなくて


    ハイ、まっつんこと松野下くんちのお嬢さんでした!
    石本さんの花の前で家族写真パチリ。
    お父さんデッレデレ笑
    や、そりゃそうなるな、この可愛さ。

    愛弓ちゃん花ちゃん、寒い雨の中ありがとう〜!

  • あらチャン! 38 EPOCHさん

    こんにちは。マネージャーの新屋です。
    さくら、おかわり!

    いやー、楽しくて、つい。
    「さくら、まだありますかねえ?」「うーん、ちょっと探してみますね。」なんていつものお花屋さんと電話して数日。
    はじめて八重桜がやってきました~ かわいいいいいいい。

    こんなに可愛いのに名前は凛々しく「関山(かんざん)」
    ボリュームがあって大変華やかです。春です。
     
     
    さて。
    最近園芸部的ポストばっかりでロクに働いてない人みたいになってきてますので、、、
    先日お越し下さったお客さまをご紹介させていただきますよ!
    ようこそ!

    株式会社EPOCHの石澤社長、小坂プロデューサー、飯野プロデューサー、ですっ。
    ※この写真は「ほら、もー、Webの人はすーぐそうやってパソコン開くんだからー(笑)」の図
    Webサイト用だったりSNS用だったり、いわゆるTVCMとはまた違った形での動画の需要が高まっている昨今。カジュアルに、フットワーク良く映像を仕上げてくれるような会社って、どういうところがあるっけ?なんて会話の流れからご紹介いただいたEPOCHさん。
    よくよくお話しを聞くと、映像に限らず幅広い領域を手がけていらっしゃるようです。
    HPを参照しますと、
    ・映像・WEB サイトの企画・制作
    ・iPhone/Android アプリケーション企画・制作
    ・インスタレーションデバイス企画・制作
    ・デジタルコミュニケーション戦略立案
    ・クリエイターレジデンス
    これはいろいろ相談に乗っていただけそうな!
    これからどんなコラボが出来るか、楽しみですね~:)
     
    ちなみに今回のブログは二元中継?相互乗り入れ??になっておりまして
    オフィス探訪家・石澤秀次郎氏のブログ
    こんなことならもっとぴっかぴかに磨き上げておくんだったぃ。
    石澤さん、お近くへお越しの際は是非またお立ち寄り下さいね。今なら八重桜も満開です(笑)。
    ★ 株式会社EPOCH:http://epoch-inc.jp/

  • あらチャン! 35 キクマ ヤスナリさん

    マネージャー新屋です。
    近頃話題の高級炊飯器が気になっています。
    という話を会社でしたところ、全員から
    「その前にテレビ買ったほうがいいんじゃないっすか。」と言われました。
    生活の何を重視するかは個人の自由じゃないか。ぷんすか。
    ちなみにいまのところ
      Vではじまるやつ >> Bではじまるやつ
    というパワーバランスです。
    でも値段も
      Vではじまるやつ >> Bではじまるやつ
    なんですよねー。
    どうしよーーーーー。
     
     
    さてさて少し前のお話。
    カメラマンのキクマ ヤスナリさんが訪ねてきて下さいました。
    確かこのお仕事のころ以来なので、しばらくぶりですね~。
    ようこそ!

    しばらくお会いしない間に、5年在籍した事務所を卒業してNYで活動をしたり、ご自身の事務所を立ち上げたり、と沢山の変化があったご様子のキクマさん。
    NYでのほろ苦い経験や
    最近のコマーシャルフォト界事情
    その日米の違い
    これからやりたい仕事、、、、、
    いろいろな話に花が咲きます。
    中でも一番印象的だったキーワードは「メジャー」。
    アートやファッションの世界って、良くも悪くもちょっと難しかったりマニアックだったり、「わかる人だけわかってくれれば」みたいな側面が、多かれ少なかれ、ある。
    だけど何事も”どメジャー”って、意外と難しい。ある意味ダサい。
    ダサいことをカッコよくやる。ダサいものをカッコよく撮る。それをやる覚悟があるかどうか。
    メジャーを”どメジャー”に撮る勇気があるかどうか。
    広告写真に求めるのって、そういうことかもしれない。

     
    kikuma02
    * クリックで大きく見られます。
     
    キクマさんって、ビューティー・ファッションのイメージが強いかた、多いのではないでしょうか。ゲンさんもわたしもそう思ってました。
    そしたらご本人、「いや僕、実はどメジャーです。王道が好きです。ポートレート自信あります。」ってキッパリ。
    おおおっ。
    新たな一面を発見です。
    キクマさん、ご来社ありがとうございました!
    symphonic HP : http://symphonic.tokyo/

  • あらチャン! 28 皆川 聡さん

    こんにちは。マネージャーの新屋です。
    厳しい残暑に台風と、なんだか気候が大変。みなさまご自愛下さい。
     
    さて
    とある夏の日のこと。
    フォトグラファーの皆川 聡さん(みなかわ・さとし)がご来社下さいました。
     
    はじめまして!
    DSC_1947
    (テーブル越しにお写真撮るとどなたも似たような撮り方になってしまうので「お好きな場所選んで下さい!」とお願いしたところ壁の隅っこへと・・・ここどこかしら感 出てます。)
     
    広告写真の分野でも長くご活躍されている方なのでもちろんお名前と作品は存じ上げていましたが、意外にもゲンさんとは初対面でした。同世代のふたり。
     
    皆川さんはアメリカの学校で写真を学び、卒業後は帰国して作品を撮ったりしながら、ファッション>カルチャー>音楽系>広告 と徐々にキャリアを積んでいかれたそうです。
    その後2005年に渡英。約6年間イギリスを拠点に活動されていました。
    イギリスへ渡ってまず気付かされたのは、”スタイルはひとつ” なのだということ。海外では、フォトグラファー一人ひとりのキャラクターがはっきりと確立されていたのだそうです。満遍なくなんでも撮ります、ではないのだと。
    そこで皆川さんがフォーカスしたのは “動き” !
    あっ、確かに、皆川さんはスポーツのイメージ強いです。 
    minakawa03
    minakawa02
     
    ちょうど2012年ロンドン五輪の時期とも重なり、オリンピック関連の撮影もたくさんあったとおっしゃっていました。
    minakawa04
    minakawa05
     
     
    新屋個人の皆川さんファーストコンタクトはこちらのベンツA-Class ↓
    minakawa06
     
    当時 某国産車の撮影を担当してまして、ADから「このベンツ撮った人に撮影お願いしたい!」と熱烈ラブコールを受けたのですが、在ロンドンの皆川さんと帰国スケジュールが合わず・・・涙を飲んだ若き日のおもひでです。
    だからわたしの中では皆川さん=車、のイメージも強いのでした。
    minakawa08
    minakawa07
    (これは合わせ技的な。)
     
     
    「カッコよく撮れるのはもう間違いないから、『うわ、そういうの苦手なんです!』っていうようなもの撮ってみてほしいなあ。苦手なジャンルとかない?(笑)」
    とはゲンさんの談。
    「オシャレじゃないおじさんとか撮ってもらったら面白いかも!皆川さんの新しい面を引き出してみたい。」
    なんて話しておりました。
     
    皆川 聡さん HP : http://satoshiminakawa.com/
     
    皆川さん、暑い中ご来社ありがとうございました。
    次はぜひ撮影で!