• バック・トゥ・ザ・フューチャー!な1日

    石井原です。

    デザインサテライトに初めてのうれしいお客様がやってきました。
    vivisionの児玉裕一さんです!


    参上!


    エイッ

    児玉さんの主宰するvivisionはサテライトと同じく青山通り沿いにあって目と鼻の先の距離。
    その昔、vivisionにお邪魔した時に窓から広がる外苑の風景がとても印象に残っていて
    この新しいオフィスを選ぶ際、かなり影響を受けました。

    今日偶然5年ぶり(!)に近所のモロッコ料理屋さんでお会いして、
    その帰りにオフィスに遊びに来てくれました。
    ふだんデザイナーとはリモートでやりとりするため
    滅多にサテライトには顔を出さないので、まさに盲亀浮木のうれしい再会でした。


    あいかわらずチャーミングな人柄です。

    児玉さんとは5年ほど前にキリンメッツのCMでご一緒しました。
    ガチャピンがバク転、でんぱ組.incは壁をぶち抜き、ギターウルフのセイジさんとAyabambiが’警官役で登場し
    フリーザ様がデスビームを連発、織田信成がローラーゲームをするという
    カオスかつグルーヴ感に満ち溢れた、強炭酸らしいパンチの効いた独特の世界観を作り上げてくれました。

    深夜の東映スタジオにガチャピンを呼び出したり、
    嵐の出演したバージョンでは巨大なスタジオを砂漠にしたりと
    当時の話で盛り上がっていると、アツい気持ちが鮮やかに蘇ってきて
    まるで5年前にタイムスリップしたようなひと時を過ごすことができました。
    なんかしばらく止まっていた時計がもう一度動き出したような、そんな1日でした。

    ありがとう児玉さん。そう遠くない未来にまた、ご一緒しましょう。

    帰り際に「ちょっと見ませんか?」と連れられてガレージに行くと

    デ!!!

    デロリアーん!!

    本当に2015年からタイムトラベルして来たのかも。


    乗せてもらった!

  • デザインサテライト始動

    あたらしい仕事のやり方を試しています。


    撮影:長谷川明

  • SPIRAL PAPER 152

    おはようございます。
     
    デザイナーの馬場です。

    梅雨入りして蒸し暑い日が続いていますね。

    この度、SpiralPaper No.152が発行になりました。
    タブロイド版・デジタル版、2つのメディアを通して発信しています。

    タブロイド版はこちら

     
    今号のテーマは
    「スパイラルとインキュベーション」。
     
    インキュベーション。孵化。
     
     
    創立から「生活とアートの融合」をテーマに活動しているスパイラル。
    美術、演劇、音楽、映像、ファッション、デザインなど質の高いアートを日常生活の中で、
    気軽に楽しむための提案、若手作家の発掘・育成・支援といったスパイラルのインキュベーション活動にスポットを当てた特集となっています。
     
    メインビジュアルは
    誰もが想像できないアートの孵化をコミックPOPに表現しました。
    アナログ表現とデジタル表現を織り交ぜた加工で細部までこだわっています。
     
    そして今回のポスター面はこちら

    アートワークは
    切り絵作家のタナカマコトさん。
    スパイラルペーパー創刊号(1985年発行)をモチーフとして使用して頂き、
    「スパイラル」をテーマに作品を製作頂きました。
     
    当時の原稿・デザインを生かしながら、アナログで切り抜かれた超高精細なモチーフが散りばめられている作品。
    モチーフのユーモア、折り返しを利用した立体的なギミックも素晴らしかったです。
     
    そんなタナカさんのアートワークを
    写真家 田尾沙織さんに撮影して頂きました。
    切り抜かれた部分の白・光・裏写りする文字、全ての要素が絶妙なバランスで共存し、
    見ていて作品への探究心が唆る素敵な1枚となりました。
     
    田尾さんがスチールを担当された映画「プール」の写真が僕は大好きで
    今回念願のオファーになりました。感激です。
     
    今号からデジタル版の連載 Portrait in handの撮影も担当して頂いています。
     
    撮影はNeandertalで行いました。
    ※撮影は2020年2月20日に行っています。
     
     
     
     

    打ち合わせ中、撮影中のタナカさんと田尾さんをパシャリ。(撮影:CD)
     

    超取り扱い注意な作品でしたのでタナカさん本人に作品をもって頂いての撮影でした。ありがとうございました!

    ポスターメイキング

    また、現在タナカさんの個展をスパイラルで開催しています!

    スパイラルとインキュベーション 発行記念
    タナカマコト展 「タダのカミ様」
    会期 : 2020年6月15日(月)– 28日(日)11:00 – 19:00
    会場 : MINA-TO(スパイラル1F)
    ポスターの実物も展示中です!
    詳しくはこちら
     
     

    連載企画

    「Portrait in Hand」ゲスト 栗栖良依さん(スローレーベル・ディレクター)

    はデジタル版で配信中です。

    東京2020開会式・閉会式4式典総合プランニングチームメンバー、スローレーベル・ディレクターの栗栖さん。いつも使用している杖と手を田尾沙織さんに撮影して頂いています。 
     


     
    撮影後の栗栖さんをパシャリ。(撮影:CD)

    杖にはオーダーメイドで製作されたフラミンゴの装飾。めちゃくちゃ素敵でした。
    鮮やかなピンクと栗栖さんのエネルギーを感じる手。続きはWEBで。

    今回も盛りだくさんな号となりました。

    ぜひご覧ください!

    馬場

    —————————-

    STAFF
    CD : 石井 原(ネアンデルタール)
    Editor : スパイラルプレス
    P : 田尾 沙織
    AD : 馬場 としのり(ネアンデルタール)
    Pr : 新屋 純子(ネアンデルタール)

  • オレの儀式(ルーティーン)。

    こんにちは!

    デザイナーの松野下です!

    Neandertalがグラフィックを担当させて頂いた

    メンズスキンケアブランド BULK HOMMEの広告が

    今週より、ローンチされました!

    ブランドサイトはこちら

     
    イメージキャラクターは、あの木村拓哉さん!

     
    グラフィックでは、

    BULK HOMMEブランドの信念の象徴である

    “BULK HOMME LINE”をアイコンに

    キービジュアルへと展開しております。

     

    実はこれを機に、

    松野下も、BULK HOMMEを使用させて頂いております。

    特別、肌に悩んでいたわけではありませんが、

    使用前と後の肌ツヤ?の違いに、毎度ビックリ致します!

    ご興味のある方、洗顔に悩まれている方は、是非是非!

    >STAFF
    Graphic
    CD/Pl/CW:福里 真一(ワンスカイ)
    AD:石井 原(ネアンデルタール)
    D:松野下 亮・馬場 敏典(ネアンデルタール)・大岩 弘茂(Huge Rock Studio)
    P:田島 一成(MILD)
    Retouch:須江 潤一(mosh)

    TV-CM
    朝のルーティーン 篇/夜のルーティーン 篇
    CD/Pl/CW:福里 真一(ワンスカイ)
    AD:石井 原(ネアンデルタール)
    D:松野下 亮・馬場 敏典(ネアンデルタール)・大岩 弘茂(Huge Rock Studio)
    Dir:サノ☆ユタカ(ダブルシックスプロダクション)
    Ca:田島 一成(MILD)
    Pr:井手 慎一郎(TYO/MONSTER)・山下 太平(THE OCTOPUS)
    PM:永沼 純(DISCOTHEQUE)・濵谷 仁美(TYO/MONSTER)
    Li:古尾 裕行
    Art:山村 一智(Bipost)
    St(メインキャスト):野口 強(太田事務所)
    St(サブキャスト):北澤“momo”寿志(band)
    HM(メインキャスト):佐藤 富太(太田事務所)
    HM(サブキャスト):NATSU
    Cas:松原 慎太郎(コパン)
    Offline Ed:村中 浩二
    Online Ed:村田 元(オムニバスジャパン)
    MA:川村 秀和
    Music:山田 勝也(愛印)
    Cast:木村 拓哉

     

    松野下
    #BULKHOMME
    #オレの儀式(ルーティーン)。
    #マツの儀式(ルーティーン)。

  • ひと手間かけた本格派 CRAFTスコーン

    こんにちは。マネージャーの新屋です。なかなか気の休まらない日々が続きますね。
    有難いことにネアンデルタール人は一同健康で、リモートワークで頑張っています。

    おうち時間をたのしく過ごすための強い味方。それはおいしいおやつの時間。
    湖池屋スコーンの新商品が出ました!

    今回は「CRAFTスコーン」と銘打ちまして、こだわり派のみなさんにおすすめしたい、ひと手間かけたフレーバーが登場です。

    左:KOIKEYA CRAFTスコーン スモークベーコン&チーズ
    右:KOIKEYA CRAFTスコーン ローストシュリンプ&ガーリック

    その名のとおり、袋を開けるとスモークやローストの薫りがふぁーっと広がります。そしてベーコンチップやシュリンプチップをふんだんに使用しているので、素材の味がしっかりと。奥行きのある複雑な旨味に仕上がっております。


    マスクの下は笑顔です😄(本人談)

    今回はスコーンのパッケージでは初めてマットニスを使用しました。クラフト紙のようなあたたかみのある質感仕上げ、黒板メニューのような手書きフォントにステンシル調のディテールなどなど、パッケージデザインでも「CRAFT」感を強めています。

    ゲンさん曰く「死ぬほどウマい」クラフトスコーン。この複雑な味を知ってしまったらもうレギュラーフレーバーには戻れない!大人の階段のぼっちゃった!なんて声も届いてます。ベーコン派とシュリンプ派も結構分かれるみたいですよ。
    ちなみにわたしはというと、スモークベーコン&チーズを食べたあとでなんだかムズムズ・・・定番のクアトロチーズスコーンに手をのばしてました。
    どっちもおいしいってことー!