2017.11.25

あらチャン! 41 三沢厚彦展

こんにちは。マネージャーの新屋です。
このあいだふと気付いたんですが、
いま使ってるリュックもお財布も定期入れもキーケースも全部メンズのでした。
悲しいかな、おじさん化が止まらない。
 
 

今日は会期ギリギリ滑り込み!で松濤美術館へ。
「三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館」を観に行ってきました。


(公式サイトより)

アートに疎いわたしでも存じ上げていました三沢さん。
是非一度作品を観てみたいなあと思っていたのです。
 
入口に入ってすぐ目の前!に大きなクマがお出迎え。
そして振り返ればホワイトタイガー。

なんの形もないところから、こうして一刀一刀彫り出されていくんですね。
すごいな・・・
 
会場内には一切の仕切りや囲いがありませんでした。
息のかかるような距離で、じっくりじっくり観察。
(美術を「観察」というのはちょっと?ですが、動物なので、つい。)
あ、物陰にネコ隠れてる。
あ、あんなとこにカエル乗ってる。
アニマルたち、あれは夜中になったら動き回っているに違いないです。
 
そして今回は、彼らの創造主である三沢さんも館の主人として館内に居場所を構え、その場で制作を行うという試みも。
制作途中のAnimalsも観られるのです。
木材や画材もゴロゴロ床に転がしてあって、
はー、こんな風に彫ったり描いたり塗ったり・・・
・・・て、え!?んっ??
 
あれは、メッツコーーーーーラ!!!!!
 
三沢さんの制作現場に。メッツコーラ。居ましたヤツが。
誰にも共有出来ずに独り興奮。そわそわ。
はあびっくりしたー。
 
展示の一角に、三沢さんの書いたメモがぺたぺたと貼られていました。
思い付いたことをメモしたのかな?というようなものや、テレビを見て気になった一節などなど、、、実際に三沢さんのアトリエにそうして貼られているのかもしれません。
 
『制作の努力の前に、想像の努力を!』
 
なんだか感じるものがあって、何度も何度も読み返しました。
 

松濤美術館へは初めて訪れました。建物もとても特徴的で面白いですね!
渋谷の駅からは少し距離がありますが、途中には雰囲気が良くておいしそうなお店がいっぱいありましたよー。
おさんぽコースにおすすめです。

2017.08.21

あらチャン! 40 大そうめん大会 2017

マネージャーの新屋です。みなさまお盆休みはいかがお過ごしでしたか?
わたしは地元に帰って同窓会に参加してきましたー◎
なんとネ社から徒歩5分の某所で同級生が働いていることが判明。アガる!
「一緒にランチ行こうよー!」と名刺を渡したら、早速このblogも読んでくれたようです。
『”マネージャーの日記”でソートしたら、食べものとガーデニングの話しかなかったよ(笑)』って。
・・・・・正解!
 
で、今日は食べもののほうです!( ー`дー´)キリッ
 

 
今やBBQに次ぐ(?)ネアンデルタール夏の風物詩。おそうめんランチを今年も実施しました。
 
いただきもののおいしい麺をありがたくお相伴。
社長を巻き込むことで具を豪華にさせていただいておりますえへへへへ。
もうちょっと豪華さの伝わる写真にしたかったんですけど、どうしても食い気が勝っちゃって雑になりがち。すみませーん。
ネアンデルタール人的に欠かせない具はサバ水煮缶なんですね。ちょっと珍しいですよね?
めんつゆにサバ水煮をほぐし入れて+薬味をどっさり!でとてもおいしいつけ汁になるんですよー。家長もとい社長の教え。ネアンデルタール人は今や全員コレやります。おすすめです。
 
サイドメニューも旬な感じ尽くしで、なんか、この夏イチ夏っぽいことした気がする。
満たされました~ごちそうさまでした~*****

2017.08.01

あらチャン! 39 オラファー・エリアソン 視覚と知覚

こんにちは。マネージャーの新屋です。
表参道は夏休み感いっぱいです。

今週末公開の気になる映画情報をゲットしました!のでご紹介しようと思います。
 
『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』
http://www.ficka.jp/olafur/
 
(予告編)

 
現代アートシーンにおける最重要人物のひとり、オラファー・エリアソン。
アートに関する知識は恥ずかしいほどに乏しいわたしですが、オラファーのことは知っています!好きなのです。
きっかけは、金沢21世紀美術館での展覧会「オラファー・エリアソン – あなたが出会うとき」を観たこと。
 
確かこの展覧会では、ひとつの展示室(空間)にひとつの作品、という構成が殆どだったと記憶しています。
ぱっと部屋に入っただけだと、ふーん?という感じ。何なのかよくわからない。
だけど少し自分が動いたり、室内を歩いてみたり、ちょこっと作品に関わってみることで「あー!こういうことかー!」ってひらめく瞬間があるんです。で、「だったらー、こんなふうに動いてみるのもおもしろいんじゃない?」なんて遊んでみたり。
作品に自分が作用したり、身体を通してアートを鑑賞するような体験がまだまだ少なかったわたしにはとってもとっても楽しい展覧会で、その印象が強烈に残っていたのでした。
 
そのオラファー・エリアソンを追った初のドキュメンタリー作品が今回の映画『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』。
新屋大興奮の21世紀美術館での展示風景も記録されていたり、過去の代表作もいろいろと紹介されるようです。芸術論や哲学も・・・それは難しいかな。理解出来るかな。でも”ものづくり”の過程、試行錯誤の過程は見ていて絶対に楽しいはず!
(プロジェクトX、仕事の流儀、情熱大陸、、、あたりは大好物ですわたくし。)
 
8月5日(土) より順次公開です。
ご興味あるかたはぜひー。

2017.07.01

忍者とアイドルの旅立ち

6月30日。島影くんと金澤さんの旅立ちの日が来ました。
 
テロテロの首もととサルエルパンツでおなじみの島影くん。
こんなビジュアル系なひとと馴染めるんだろうか…と不安でしたが、蓋を開ければ意外に素朴で不器用な若者でした。
自分のキャラクターってなんだろう?自分のやりたいことってなんだろう?
やたらとキャラの立ったひとたちばかりのこの会社で、「普通コンプレックス」コンビの新屋と島影は度々そんな話をしていました。
あと、テレビっ子具合が似てたもんで、流行りの地上波ドラマの話とかをするなら、島影。
男31才。
走れ!


スイーツ王子島影
 
 
そして金澤さん。ドジっ子魔法少女。愛されムードメーカー。
わたしがプロデューサーとして入っている仕事に一番多く関わっていたのが金澤さんじゃないかなと。たくさん一緒に作業したな~と思い出します。ロケも一緒に行きましたしね。
でもやっぱり、社内で二人きりの女子社員だったので、ダラダラ続ける中身の無い女子トークとか甘いもの食べたりとか、そういう時間の印象が強く残ってるかなあ。考えてみれば仕事の上での”後輩”って、わたしには金澤さんが最初かもしれません。
そうねー。おなかが空いてどうしようもなくなったら電話しておいで(笑)。


サービスショット
 
 
ネアンデルタールはね、もっともっと楽しい会社になるよ!
それでも「あのときの選択は正解だったね」って言ってもらえるような未来を創るんだよー。
体に気を付けて。元気で!
 
 
新屋

2017.04.16

あらチャン! 38 EPOCHさん

こんにちは。マネージャーの新屋です。

さくら、おかわり!

いやー、楽しくて、つい。
「さくら、まだありますかねえ?」「うーん、ちょっと探してみますね。」なんていつものお花屋さんと電話して数日。
はじめて八重桜がやってきました~ かわいいいいいいい。

こんなに可愛いのに名前は凛々しく「関山(かんざん)」
ボリュームがあって大変華やかです。春です。
 
 
さて。
最近園芸部的ポストばっかりでロクに働いてない人みたいになってきてますので、、、
先日お越し下さったお客さまをご紹介させていただきますよ!

ようこそ!

株式会社EPOCHの石澤社長、小坂プロデューサー、飯野プロデューサー、ですっ。

※この写真は「ほら、もー、Webの人はすーぐそうやってパソコン開くんだからー(笑)」の図

Webサイト用だったりSNS用だったり、いわゆるTVCMとはまた違った形での動画の需要が高まっている昨今。カジュアルに、フットワーク良く映像を仕上げてくれるような会社って、どういうところがあるっけ?なんて会話の流れからご紹介いただいたEPOCHさん。
よくよくお話しを聞くと、映像に限らず幅広い領域を手がけていらっしゃるようです。

HPを参照しますと、

・映像・WEB サイトの企画・制作
・iPhone/Android アプリケーション企画・制作
・インスタレーションデバイス企画・制作
・デジタルコミュニケーション戦略立案
・クリエイターレジデンス

これはいろいろ相談に乗っていただけそうな!
これからどんなコラボが出来るか、楽しみですね~:)
 
ちなみに今回のブログは二元中継?相互乗り入れ??になっておりまして
オフィス探訪家・石澤秀次郎氏のブログ
こんなことならもっとぴっかぴかに磨き上げておくんだったぃ。

石澤さん、お近くへお越しの際は是非またお立ち寄り下さいね。今なら八重桜も満開です(笑)。

★ 株式会社EPOCH:http://epoch-inc.jp/

2017.03.29

あらチャン! 37 三年目の、

こちらも開花しました~

盆栽の有明桜ちゃん。

一輪いちりんが大きくて美しい!大好きだ!

来年はもっと花芽を増やしたいなあ。盆栽研究しよう。

2017.03.24

あらチャン! 36 さくら2017

こんにちは。園芸部です。
朝晩ちっともあったかくならないので心折れてます。
でもネアンデルタールには春が来たよ!
じゃんっ。

毎年恒例、さくらの枝の活け込みです~。

蕾がいっぱいですよ。
あたたかい室内にやって来て、一気に開花し始めています。

ずーっと眺めて居られるなあ。
やっぱり日本人のDNAに刷り込まれた何かがある気がします。

打ち合わせの前後にひとときのお花見、お楽しみ下さい。

2017.02.15

2.15 本日就航。

ネアンデルタールがプロモーションを担当した
ANAの成田=メキシコシティ直行便がついに本日就航!
3時間ほど前、無事に初便が飛び立ったようです。
去年のGW明けからずっと続いてきたこのプロジェクトもホッと一段落。

今朝はいくつかの朝刊に新聞広告も掲載されました。
こだわりのあざやかカラーがきれいに出ていてうれしい~。
松野下が印刷会社さんと協力してがんばりました。
 
(折角なので改めてCMも!)

2017.02.11

あらチャン! 35 キクマ ヤスナリさん

マネージャー新屋です。
近頃話題の高級炊飯器が気になっています。
という話を会社でしたところ、全員から
「その前にテレビ買ったほうがいいんじゃないっすか。」と言われました。
生活の何を重視するかは個人の自由じゃないか。ぷんすか。
ちなみにいまのところ
  Vではじまるやつ >> Bではじまるやつ
というパワーバランスです。
でも値段も
  Vではじまるやつ >> Bではじまるやつ
なんですよねー。
どうしよーーーーー。
 
 
さてさて少し前のお話。
カメラマンのキクマ ヤスナリさんが訪ねてきて下さいました。
確かこのお仕事のころ以来なので、しばらくぶりですね~。
ようこそ!

しばらくお会いしない間に、5年在籍した事務所を卒業してNYで活動をしたり、ご自身の事務所を立ち上げたり、と沢山の変化があったご様子のキクマさん。
NYでのほろ苦い経験や
最近のコマーシャルフォト界事情
その日米の違い
これからやりたい仕事、、、、、
いろいろな話に花が咲きます。

中でも一番印象的だったキーワードは「メジャー」。

アートやファッションの世界って、良くも悪くもちょっと難しかったりマニアックだったり、「わかる人だけわかってくれれば」みたいな側面が、多かれ少なかれ、ある。
だけど何事も”どメジャー”って、意外と難しい。ある意味ダサい。
ダサいことをカッコよくやる。ダサいものをカッコよく撮る。それをやる覚悟があるかどうか。
メジャーを”どメジャー”に撮る勇気があるかどうか。
広告写真に求めるのって、そういうことかもしれない。

 
kikuma02
* クリックで大きく見られます。
 
キクマさんって、ビューティー・ファッションのイメージが強いかた、多いのではないでしょうか。ゲンさんもわたしもそう思ってました。
そしたらご本人、「いや僕、実はどメジャーです。王道が好きです。ポートレート自信あります。」ってキッパリ。
おおおっ。
新たな一面を発見です。

キクマさん、ご来社ありがとうございました!

symphonic HP : http://symphonic.tokyo/

2017.01.18

あらチャン! 34 新ユニフォーム

こんにちは。マネージャーの新屋です。
前厄です。
お祓い済みなので避けないで下さい。
 
 
今年に入ってからネアンデルタールへお越しの方々、お気付きでしょうか?

DSC_2148 (4000x2265)

弊社バルコニーの植栽トリオ。岡田・掛布・バース。
 
わかるかな・・・?
 
ぴかぴかー

DSC_2142

3連発の
鉢が
新しくなりましたー!
 
cf.) お着替え前
before

これはこれで生命力みなぎる感じが縁起良くてお気に入りでしたが、
そろそろ限界、土が流れちゃうー というわけで、思い切って新調!
古い根も葉もカットして、春になるとまたぐんぐん伸びてくるんだとか。
 
あたらしい年。新ユニフォームで打率も上がりそうですっ!